法人こそ使いたい!MarsEditはじめの設定〜購入から記事投稿まで〜

とんちんです。

 今日も元気に筆を運んでいますが、相棒のエディタMarsEditが使いやすくて幸せです。ご飯が食べれるのはMarsEditのおかげ。ありがたやありがたや……なんて拝んでしまいたくなるほど、使いやすくて手放せないアプリのひとつ。しかし日本語版がないうえにお値段4,800円(※App store価格/2015年10月現在)と、はじめて使う人にはハードルが高いのも事実。でもこの快適さを知ってほしいし、MarsEditをもっと多くの人に使ってほしい。本稿ははじめての人向け・MarsEdit初期設定の方法を解説します。

MarsEditって?リアルタイムプレビューや画像挿入ができるブログエディタ!

 MarsEditはテキストエディタのように気軽に使えて、CMSへの投稿がラクにできるブログエディタ。Mac OSに対応し、WordpressやTumblr、Movable TypeなどのCMSと連携できます。イケダハヤトさんをはじめ多くのブロガーから支持を受けるアプリです。

紹介記事などでは

  • ドラッグで画像が挿入できる
  • リアルタイムで編集が反映されるプレビュー画面

機能がスゴいと取り上げられることが多いです。

Add image

WordPress上では「新規メディアを追加」と「メディアを本文に挿入」の操作が必要なところ、MarsEditならドラッグひとつで画像挿入が完結する

あらかじめ画像サイズを指定するとさらに便利。
Blog>EditSettings>Media Defaultsの欄に値を入力しておくと、自動的に設定したサイズで画像挿入ができます。

画像サイズ

はじめて使う人向け・ブログ登録からCMS連動

 それでは初期設定をはじめていきましょう。アプリ購入後は(1)ブログの登録(2)CMSの紐付け(3)投稿をまとめて設定します。以下、WordPressでの設定画像を織り込みながら解説していきます。

1. ブログの登録

 まずはブログを登録しましょう。

Newblog

登録後はブログ名がメニュー画面の左カラムに表示されます。

Add blog

2. CMSとMarsEditを連携させる

 つづいてCMSとの連携を行います。左カラムにあるブログ名を右クリックしEdit Settings>Generalに移動。

Editing genaral

API Endpoint URLにブログURL(index)が表示されています。Wordpressと連動させるにはxmlrpc.phpをURLの末尾に入力しましょう。

Xml

ここまで正しく設定すると、MarsEditから直接記事を投稿できるようになります。が、まだ早まらないでください。

3. 投稿ステータスの変更

一番大事なのはココ!投稿ステータスの設定です。先ほどと同じくブログ名を右クリックしEdit settings>Editing>Post Statusとすすみ、Published(=公開)からDraft(=下書き)に変更。公開前の記事をWordpressにアップできます。

Change draft

※Publishedの場合投稿が即公開されてしまいます。つまり初期設定で即公開になっているというわけ。MarsEditからはアイキャッチが設定できないため、執筆から公開まで一発OK!というかたもDraft設定にしておきましょう。記事執筆とマークアップをしたうえで投稿→WordPress上にて最終調整をするのがおすすめです。

スパム対策のため、同様にcommentもNoneに、trackbacksのチェックもオフにしておきましょう。

設定方法

もっと便利に使いたい人必見・ショートカット追加

 ショートカットキーにHTMLタグを割り当てるといいことづくめです。たとえば

  • 頻出タグを手打ちせずにすむ
  • タグの入力ミスが防げる

などのメリットがあり、文章の執筆に集中できます。

ショートカットを設定するには、メニューバーのFormat>Customiseを選択。

F custom

Formatting Customiseが起動して、アプリ専用ショートカットが設定できるようになります。+で追加していきましょう。

New macro

ここからは頻出ショートカットキーを5つ紹介。

見出し

Heading
CommandOption2-4

  • Opening Markup… <h2>
  • Closing Markup… </h2>

よく使うh2〜h4タグまでをそれぞれ登録します。

文字強調

Bold
Commandb

  • Opening Markup… <strong>
  • Closing Markup… </strong>

文字を強調する<strong>タグ。

リンクを貼る

Link_blank
Commanda

  • Opening Markup… <a href=”#pasteurl#” target=”_blank”>
  • Closing Markup… </a>

リンク先を#pasteurl#に設定するのがポイント。URLをクリップボードに貼り付けた状態でショートカットキーを使うと、#pasteurl#部分にコピー中のURLが入力されるんです!

リスト作成

List
Commandl

  • Opening Markup… <li>
  • Closing Markup… </li>

あわせて<ul>と<ol>を設定しておくと便利です。

ulはShiftl、olはOptionlを割り当てています

ダミーイメージ

Dummy image
Commandd

  • Opening Markup… <img src =”http://dummyimage.com/750×500>
  • Closing Markup… 

指定されたサイズの当て込み画像を挿入できます。

引用や囲みで強調

Blockquote
CommandOption.

  • Opening Markup… <blockquote>
  • Closing Markup… </blockquote>

 弊社では共通のショートカットを設定し、PCの貸し借りがあってもそのまま使えるようにしています。MarsEditを使って、快適な執筆生活をされるかたが一人でも増えますように!