多すぎてワケわかんない「CナントカO」のまとめ

CEO、CTOなどなど、世の中にはたくさんの「CナントカO」があふれています。株式会社を設立する時にも頭を悩ませるポイントです。今回のエントリでは「Cナントカ O」をまとめて一挙にご紹介します

会社のトップの肩書「CEO」

これから会社を設立しようとしている読者もいることでしょう。
会社を作った場合、名刺に書いたり名乗る際にも必須なのが肩書きですが、会社のトップの呼称も様々あり、どれが適切なのか迷ってしまいます。

社のトップとしては「代表取締役」や「社長」という肩書の他に、ここ数年で日本でも使われることが多くなった「CEO」があります。アメリカでは取締役が執行役員を決めることになっており、「CEO」は元々その執行役員の代表、つまり代表執行役に付けられる肩書きでした。

「代表取締役平社員」もアリ!?

日本では委員会設置会社であればアメリカと同様に取締役が執行役を選任しますが、委員会設置会社でない会社でも代表取締役に対して「CEO」という肩書きを付けることが多いです(日本では代表取締役=会長/社長=CEO 取締役=副社長/専務/常務 のような構図が一般的)。

実は上記のうち、「代表取締役」と「取締役」のみが会社法で規定されている役員であり、「社長」や「CEO」を含むその他の肩書きは法的根拠のない、会社独自に決められている呼称なのです。
極端にいえば「代表取締役 係長」というような肩書きも存在しうるのです。
「CEO」がアメリカで使われ方と違っていても間違いではないし、同じ「CEO」や「社長」でも肩書きの意味合いや役割は会社によって千差万別なのです。

「CナントカO」一覧

しかし、「CEO」以外にも創業メンバーの役割によって肩書きを付ける必要が出てきます。そこで世の中にどのような「CナントカO」があるか下記にまとめました。

※ 呼称の解釈は様々。下記の呼称の説明は目安として解釈の一例を上げています。

頻出CナントカO

CEO

Chief Exective Officer。最高経営責任者。
会社の経営に関する全ての業務執行を統括する責任者。

COO

Chief Operating Officer。最高執行責任者。
事業運営に関する業務執行を統括する責任者。
CEOの下で事業を統括する立場の役員をCOOとすることが多い。

CIO

Chief Information Officer
最高情報責任者。
経営戦略に沿ったIT技術に関する責任者。
社内システムに関することの責任者とすることもあれば、
CTOより上位の経営とIT技術全般に対する責任者とされることもある。

CTO

Chief Technology Officer。最高技術責任者。
CIOと同義、もしくはCIOの下でIT技術に関する業務執行を統括する責任者とされる。

CFO

Chief Financial Officer。最高財務責任者。
会社の会計的な業務執行を行う責任者。

レアなCナントカO

CAO

Chief Accounting Officer。最高会計責任者。

CBO

Chief Business Officer。最高業務責任者。
Chief Branding Officer。最高ブランド開発責任者。

CCO

Chief Compliance Officer。最高遵法責任者。
Chief Communication Officer。最高コミュニケーション責任者。
Chief Creative Officer。最高クリエイティブ責任者。

CDO

Chief Development Officer。最高開発責任者。

CHO

Chief Human resource Officer。最高人事責任者。

CIO

Chief Investment Officer。最高投資責任者。

CJO

Chief Judicial Officer。最高法務責任者。

CKO

Chief Knowledge Officer。最高知識責任者。

CLO

Chief Legal Officer。最高法務責任者。
Chief Learning Officer。最高人材育成責任者。
Chief Logistics Officer。最高物流担当責任者。

CMO

Chief Marketing Officer。最高顧客市場分析調査責任者。

CNO

Chief Network Officer。最高ネットワーク責任者。

CPO

Chief Privacy Officer。最高個人情報保護責任者。
Chief People Officer。最高人材活用責任者。
Chief Production Officer。最高生産管理責任者。
Chief Project Officer。最高計画責任者。

CQO

Chief Quality Officer。最高品質責任者。

CRO

Chief Risk Officer。最高リスク管理責任者。
Chief Revenue Officer。最高売上責任者。

CSO

Chief Security Officer。最高セキュリティ責任者。
Chief Strategy Officer。最高戦略責任者。
Chief Safety Officer。最高安全責任者。
Chief Storage Officer。最高ストレージ管理責任者。

CUO

Chief Rnderwriting Officer。最高契約査定責任者。

CVO

Chief Visionary Officer。最高事業計画責任者。

CISO

Chief Information Security Officer。最高情報セキュリティ責任者。

CSRO

Chief Social Responsibility Officer。最高社会的責任担当者。

まとめ

「CナントカO」という呼称も日本で使われる機会が増えてきました。
各々の会社が独自の呼称をつけていくことで、これからも多様化していくと思われます。
「CナントカO」の新たな呼び名が出てくるのが楽しみです。