ZINEを退職した話