「Go言語らしさ」とは何か? Simplicityの哲学を理解し、Go Wayに沿った開発を進めることの良さ | エンジニアHUB

「Go言語らしさ」とは何か? Simplicityの哲学を理解し、Go Wayに沿った開発を進めることの良さ | エンジニアHUB

id:Songmuと申します。はてな東京オフィスでチーフエンジニアを務め、Mackerelというサーバー監視のSaaS開発においてプロダクトマネージャーを担当しています。 筆者が勤めている株式会社はてなでは、2013年よりGo言語を開発に用いるようになりました。導入当初はMackerelで用いられる監視エージェントであるmackerel-agentから始まり、現在ではURL外形監視のためのサブシステムや、時系列データベースのミドルウェア、最近では新規プロジェクトでの採用など利用シーンが多岐にわたっています。 筆者はJavaの経験は少しありましたが、Perlなどの動的型付けのスクリプト言語での開発が長く、最初はGoに慣れない点もありました。しかし、今では大好きな言語のひとつになり、筆者のGitHubでは、Goのツールやライブラリを数多く公開しています。 今回、「Go言語らしさ」をテーマに記事を執筆してほしいという連絡が来たときは、「これは大変な依頼が来てしまったな」と思いました。そのテーマで記事を書くにはよりふさわしい方がいるようにも思いましたし、Goは後発のプログラミング言語でもある分、設計思想がしっかりしており、それらの多くは既に作者や開発者チームによって語られているからです。 プログラミング言語はその作者がしばしば「優しい終身の独裁者」などと称されることがあるように、特に作者の設計思想が強く現れるソフトウェアです。Goの場合でも、初期開発者のRobert Griesemer、Rob Pike、Ken Thompsonの3名や、コア開発者のRuss Coxにより、Go Blogや彼らのプレゼン資料、ブログなどでその背景や設計思想が綴られています。

READ MORE

掲載媒体

エンジニアHub

エンジニアHub

若手Webエンジニアの教科書となるメディア「エンジニアHub」の記事企画・制作を担当しています。

要望

  • 若手Webエンジニアに役立つ記事の企画・制作
  • 「はてなブックマーク」において影響力の高い記事の企画・制作

施策

  • Webエンジニアが知りたい情報を集めたTips記事の制作
  • 読者対象と同年代エンジニアによる、開発言語やツール入門記事の執筆