失敗を学びに変える「障害報告書」の書き方 ─ RettyのCTOがGoogleで学んだ「問題を隠さない文化」 | エンジニアHUB

失敗を学びに変える「障害報告書」の書き方 ─ RettyのCTOがGoogleで学んだ「問題を隠さない文化」 | エンジニアHUB

はじめまして。Retty株式会社でCTOを務める樽石将人(@taru0216)です。Rettyにおける技術の責任者として不確実性の高いシステム開発を成功に導くよう牽引したり、メンバーが働きやすくなるような仕組みづくりを行ったりしています。 子供の頃からパソコンに親しみ、新卒一期生でレッドハットに就職して、Rettyに入社するまでGoogleや楽天を経てきました。エンジニアとして活動して約30年。日々失敗し続けていますし、過去には大規模サービスを止めてしまったこともあります。 人間である以上、バグやエラーは必ず起こるもの。エンジニアは失敗を繰り返す仕事です。 失敗を糧として成功に変える秘訣(ひけつ)は、障害報告書を書く習慣をつけることです。私も仕事する上で実践していますし、Rettyのメンバーにも勧めています。とくに若手エンジニアにはぜひ身に付けてほしいと考えています。 この記事では、私が失敗の基準としている考え方と、障害報告書によって失敗を学びに変えるノウハウをお伝えします。

READ MORE