技術顧問ではなく、社外CTOとして組織にコミット。社内にも社外にも責任ある働き方を選択したイノベーター・ジャパン 山岡さんの場合 | flexy(フレキシー)

技術顧問ではなく、社外CTOとして組織にコミット。社内にも社外にも責任ある働き方を選択したイノベーター・ジャパン 山岡さんの場合 | flexy(フレキシー)

社外CTOの採用を考えてはいるものの、他社はどのように受け入れているのか気になる。そんな企業は多いのではないでしょうか。 今回は、「社外CTO」という概念が普及する以前の2014年から、社外CTOに会社のCTO業務を任せていた、株式会社イノベーター・ジャパン創業者の渡辺順也さんと、社外CTOの山岡広幸さんに、社外CTOを迎え入れるまでの経緯や実際の業務まで、様々なお話を伺います。 エンジニア・デザイナーの自由な働き方について考えるメディア、flexyでは、社外CTOと技術顧問を以下のように定義しています。 ・技術顧問……技術顧問は、組織における技術指導者を指します。技術的負債の解消、マネージメント、採用やエンジニアの技術面の向上のための教育、研修、エンジニア人事制度策定など、「会社において技術に付随するアドバイザリーのさまざまな役割」を担います ・社外CTO……社外CTOとは、エンジニアが非常勤のCTOとして経営メンバーに参画する際の呼称。エンジニア・IT人材が不足する中、経営レイヤーまで担える人材は大変貴重です。複数社における社外CTOとして活躍する方々もいます。 社外CTOの迎え入れ方などは、ぜひflexy経由でご相談ください。 世界中に多拠点展開を目指すビジネスデザインカンパニー ——イノベーター・ジャパンのミッションや事業内容について教えて下さい。 渡辺 弊社は「人の力を最大限に引き出すことで豊かな社会を実現する」をミッションとして掲げる、アジア発のビジネスデザインカンパニーです。 創業当初から、ITやデザインの力を駆使してクライアントのビジネスを支援させていただいています。簡単に説明すると、企業のデジタルトランスフォーメーションに関わるコンサル、SI、オペレーションを一気通貫で担っており、これらが弊社の注力事業です。 他にも自社サービスの開発を行っており、広告が表示されないファイル転送サービス「tenpu」、Webデザイナー向けのHTMLプレビューツール「chirami」、ビットコインで割り勘ができるサービス「warikan」を展開しています。現在は売上に占める自社サービスの割合が事業の1割程度ではありますが、今後は半分程度まで比率を引き上げる予定です。 株式会社イノベーター・ジャパン 代表取締役社長 渡辺 順也

READ MORE

掲載媒体

flexy

flexy

株式会社サーキュレーションが運営するwebメディア「flexy(フレキシー)」の記事制作を手がけています。

要望

  • 法人からの問い合わせ増加につながる記事の制作

施策

  • web上で多くの人に読まれるための記事制作
  • エンジニア・デザイナーに向けた技術やキャリアパスに役立つ情報発信