解決したい課題に取り組む経営者であれ。エンジェル投資家・加藤順彦が出資する企業の特徴とは? - 経営ハッカー | 「経営 × テクノロジー」の最先端を切り拓くメディア

解決したい課題に取り組む経営者であれ。エンジェル投資家・加藤順彦が出資する企業の特徴とは? - 経営ハッカー | 「経営 × テクノロジー」の最先端を切り拓くメディア

25歳で広告代理店を起業。2008年に41歳でGMOインターネットグループに売却した後、東南アジアへ拠点を移し新たなスタートを切った加藤順彦。現在は19社に参画するエンジェル投資家として、日本の未来の発展を支える起業家たちの育成に力を注いでいます。そんな彼が出資する経営者とはどんな人なのでしょうか。 Jetstarでカンボジアに向かう最中、シンガポールのチャンギ国際空港でお話を伺いました。 ライブドアショック後、シンガポールでエンジェル投資家に 私は25歳で起業して、2008年、41歳まで16年間広告代理店を経営していました。会社を辞めたきっかけは2006年1月のライブドアショック。インターネ…

READ MORE