AWSは充実のサポートと、ソリューションアーキテクトの活用がコツ。元スタートアップCTOが教えるAWSの使い倒し方 | flexy(フレキシー)

AWSは充実のサポートと、ソリューションアーキテクトの活用がコツ。元スタートアップCTOが教えるAWSの使い倒し方 | flexy(フレキシー)

クラウドサービス全盛期の昨今、日々アマゾン ウェブ サービス(AWS)のお世話になっているエンジニアも多いのではないでしょうか。一方で、提供サービスが多すぎて使いこなせない。自分たちに適したベストソリューションが分からない。悩めるエンジニアは多いはず。 エンジニアが直面する悩みを解決すべく、AWSには気軽に相談に乗ってもらえるソリューションアーキテクト(以下、SA)がいることをご存知でしょうか? AWSは一件難しそうに見えても実は充実のサポートを使いこなすだけで実装の難易度が変わってきます。 AWSにお困りの企業様へ➡︎AWSに精通したエンジニア、CTOのご紹介はflexyへ 今回はAWSにインタビュー。スタートアップをメインに技術支援を行っている塚田 朗弘さんに、SAの活用方法についてお話を伺いました。悩めるエンジニア必読、AWSを使い倒すための方法もご紹介します。スタートアップSAが語る「AWS」 ーーーAWSの特徴を教えてください。 まずは、豊富な品揃えによる柔軟性と拡張性の高さです。幅広いサービスを提供することで、様々なニーズに対応できるようになっています。AWSの各サービスを組み合わせることをビルディングブロックと言うのですが、これにより各社の異なるシステム要件への対応を可能にしています。 アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 スタートアップソリューションアーキテクト 塚田 朗弘さん 金融系SI、Webサービス企業、スタートアップ企業などを経て、2015年から現職。スタートアップのお客様を中心にAWSの利用方法など技術支援を行う。 少し脱線するのですが、Amazon創業者のジェフ・ベゾスが書いたビジネスサイクルをご存知でしょうか? 引用:Amazon.co.jp 会社概要 このサイクルにある「Selection(品揃え)」が「Customer Experience(顧客体験)」につながるという考え方は、Amazon本体だけでなく、AWSにも通じており、AWSは、その幅広いラインナップによって、業種・サービス問わず、沢山のお客さまに利用していただいております。 あとは、もちろん安定性や実績、事例の多さ、そしてAWSスタートアップチームの手厚い支援やAWSサポートチームによる的確な技術サポートも大きな特徴です。

READ MORE

掲載媒体

flexy

flexy

株式会社サーキュレーションが運営するwebメディア「flexy(フレキシー)」の記事制作を手がけています。

要望

  • 法人からの問い合わせ増加につながる記事の制作

施策

  • web上で多くの人に読まれるための記事制作
  • エンジニア・デザイナーに向けた技術やキャリアパスに役立つ情報発信