ZINEの価値基準

株式会社ZINEは2015年に出版ベンチャーとして創業しました。当初はWebメディアの受託制作に取り組んでいました。WELQ問題でメディア業界が揺れ、ぼくらの在り方が問われていた2016年にビジョンを定めました。外部支援させていただいたクライアント様は84社を超え(2020年6月時点)、新規メディア立ち上げ・記事制作・インハウス化支援・事業拡大に伴う記事収益化・事業への貢献に取り組んできました。

出版ベンチャーとして創業しましたので、ぼくらは基本的に編集者です。編集者は何も生み出しません。作家やインタビューで喋って下さる方あってこその商売です。根っこがない分、これまで本当にさまざまな事業領域、業界をサポートさせていただいてきました。

2020年にミッション・バリューを策定しました。より取り組むべき方向性がハッキリしたからに他なりません。
受託制作に取り組むなかで、特に会社として取り組むべき領域が見えてきたのです。個人に置き換えて話せば、10年はそれに捧げられるものが見つかった、という表現が適切なように思えます。

それが「医療」です。もっと言うと「生命」、といったニュアンスが近いかもしれません。編集者は発信者と読者の間に立ち、両社を円滑につなぐ仕事です。ユーザのインサイトを深く洞察する力、ユーザに適切にコンテンツや情報を届ける力を活かした医療・生命領域の事業立ち上げに取り組んでいます。

生命・医療の本質と、情報の受け手であるぼくら人間の間にはまだまだ大きな隔たりがあります。そのギャップが大きければ大きいほど、編集者としての血が騒ぎます。人工知能研究が発展しても、スマホの普及率が85%を超えてもこの隔たりは人間の「デザインする力」によってしか乗り越えられないからです。

よろしければ弊社にとっての「ビジョン・ミッション・バリュー」とは何か、フカボリした記事もご覧下さい

2020年6月 株式会社ZINE 代表取締役編集長 仁田坂 淳史

価値あるものが正しく認められる世界をつくる。

メディアには定量的な価値と定性的な価値があります。

両者は密接不可分の関係にあります。

たとえば『週刊少年ジャンプ』は人気投票で掲載されているマンガの価値を決めていることは有名ですが読者である我々は人気投票がすべてではないことも暗黙的に理解しています。

 

ウェブメディアは人気投票で価値が決まりやすい媒体です。ここでの人気投票とはPV、UU、CVです。マーケティングの一手段として扱われるが故に、定量的な価値だけがフォーカスされがちです。現状、ウェブメディアそれ自体の価値は世間一般に認められにくいと言っても過言ではありません。

 

では、定性的な価値はどのように評価すればいいのでしょうか。

究極、信じるしかありません。

いま、その価値が世間には認められていなくても、生み出されている価値に寄り添い応援することで少しでも多くの人に受け入れられる土壌をつくりたい。

 

私たちの創業事業でもあるメディアには「情報の媒介手段」という意味がありますが、人類がここまで発展できたのも、文化を紡ぎ出せたのもすべて、情報伝達がなし得た空想上の産物でしかありません。

 

価値あるものは今も世界のどこかで生まれています。

それが正しく認められる世界をつくるために。

株式会社ZINEは価値あるものに向き合い続けます。

私たちはオウンドメディア支援事業部としてWebメディア・オウンドメディアを主としたメディアの企画、編集、運営改善を支援しますが、単にコンテンツマーケティングを行うWeb制作会社でも、記事制作を行う編集プロダクションでもありません。これらはどちらも「編集」の一手段に過ぎないからです。

編集とは、選ぶこと、つなぐこと、届けること、深めることの4つの行為を通して、ヒト・モノ・コトの価値を高め、収益を確保する仕組みをつくることです。

私たちは真に届けるべき情報を選び、書き手と読み手をつなぎ、適切に届け、書き手と読み手の関係を深めます。この一連の編集行為を「小さな声を大きく届ける」ことと定義しています。

伝え方に困っているすべての人が本質的な仕事に注力できるよう声を届けたい。それも大きく。編集の力を武器に「小さな声を大きく届ける」。これがZINEのMissionです。

狙いを定め突き抜ける

ZINEはスタートアップ精神を重視するEditorial consulting firmとして創業しました。オウンドメディア支援が創業事業です。さまざまなスタートアップと、彼らが作るメディアの栄枯盛衰に寄り添う中で、自らも新規事業開発に身を投じています。

スタートアップはゼロイチを主戦場とし、狙いを定め突き抜けたサービスやプロダクトを提供することによってのみ成長します。また、狙いを定め突き抜けることは他の追随を許さない深い知識をもたらしスペシャリストを養成します。一点突破こそ私たちの戦い方。スペシャリストとして、正解のない世界でお客様やユーザの皆様に価値を提供する。

ZINEは「狙いを定め突き抜ける」をValueの一つとします。

歴史に残る仕事をする

スタートアップはゼロイチを主戦場とするため、これまでの常識は通用しません。歴史を紐解けば、現在の常識は未来の非常識であることは少なくありません。常識にとらわれず、過去の因習を無視し自己糾弾もしない。私たちが普段何気なく受け入れている迷信や慣習などをも、常に問い直す努力が必要です。このような努力の積み重ねだけが、客観的な視点でものごとを見極める力を育みます。未来から見て正しかったと言われる仕事をしよう。

ZINEは「歴史の残る仕事をする」をValueの一つとします。

困難を面白がる

スタートアップはゼロイチを主戦場としていますので、常に成長し続けなければなりません。会社の成長は、個々のメンバーが困難に立ち向かうことを通して実現されます。困難に立ち向かい、面白がれるメンバーとともに会社を成長させる

ZINEは「困難を面白がる」をValueの一つとします。